FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

体外(顕微)受精にかかった費用のまとめ

これまでかかった体外受精(顕微授精)1回の費用を覚書きとして書いておきます。

2008年@カナダです。




 私たちが支払ったIVF治療費(お薬は別欄)

Registration Fee (out of town)
遠隔患者の登録費  500ドル

IVF Treatment (※1)
IVFの基本料金 5150ドル

ICSI (※2)
顕微授精 1500ドル

Assisted embryo hatching (※3)
アシスト・ハッチング 400ドル

Baseline Ultrasound  
治療開始時のベースライン超音波検査 80ドル

================
お薬以外の治療費小計: 7630ドル
================





 お薬代 (加入している保険で99%カバーされた)

~~~~~~~~~
胚移植前のお薬たち
~~~~~~~~~

Gonal F Pen 900IU
ゴーナルFペン 900単位 4本 
3340ドル

Antibiotics
抗生物質 100ml 14錠 
19ドル

Suprefact/Lupron 80mcg/0.2ml
スプレファクト/ルプロン 80mcg/0.2ml (排卵を抑える薬)
90ドル

Luveris 75IU
ルベリス 75単位 (LH(黄体形成ホルモン)の遺伝子組み換え型製剤) 
775ドル 

HCG 10000Unit
HCG注射 10000単位 
77ドル

ASA 81mg x 30
小児アスピリン 81mg 30錠 (←市販薬です)
5ドル(自己負担)

Prenatal Vitamin (←市販薬です)
ビタミン剤・・・不妊治療中(2年)ずっと飲んでいます。
1瓶15ドル(3ヶ月)

経口避妊薬(21日分)も服用しましたが値段を覚えてません。20ドルくらい?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
胚移植後~妊娠判定待ちまでのお薬たち
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Estrace 2mg x 50
卵胞ホルモン(エストロゲン)補充薬 2mg 50錠 
34ドル

Medrol 4mg x 16
メドロール 4mg 16錠 
ステロイド剤(アシストハッチングで穴の開いた胚を排除しないための薬)
17ドル 

Prometrium 100mg x 150
黄体ホルモン(プロゲステロン)補充の膣座薬 100mg 150個 
167ドル

ASA 81mg x 30
小児アスピリン 81mg 30錠 (←一般市販薬です)
1瓶5ドル(費用自己負担)

Prenatal Vitamin (←一般市販薬です)
ビタミン剤・・・不妊治療中(2年)ずっと飲んでいます。
1瓶15ドル(3ヶ月分) 費用自己負担

~~~~~~~~~~~~~
妊娠判定、陽性後のお薬たち
~~~~~~~~~~~~~

Estrace 2mg x 100
卵胞ホルモン(エストロゲン)補充薬 2mg 100錠 
72ドル

Prometrium 100mg x 300
黄体ホルモン(プロゲステロン)補充の膣座薬 100mg 300個 
325ドル

Prenatal Vitamin (←市販薬です)
ビタミン剤・・・不妊治療中(2年)ずっと飲んでいます。
1瓶15ドル(3ヶ月分) 費用自己負担

=================
ビタミン剤以外のお薬小計: 4926ドル ←この95%は保険でカバーε=Σ( ̄ )ホッ
=================





 私たちには必要なかったIVF治療費↓

Cost for blastocyst culture 
胚胞盤に必要な培養液 300ドル

Ongoing strage of embryos
1年後以降の冷凍胚保存費 200ドル

Thawing & Replacing embryos 
凍結胚の融解と移植 750ドル






zoomzoom001 その他、滞在費など(車で4時間弱の隣街です)

ホテル代(4泊) 約500ドル
滞在中食費    約200ドル
ガソリン代     約200ドル
その他       約 50ドル
==============
なんやかんやと1000ドル近い! ( ̄_ ̄|||)
==============




IVF合計 → 13500ドル  (←治療費、薬、滞在費の総計)





ただし、お薬代は保険でカバーされたので、実際に支払った費用は

8600ドル強  (←お薬代以外の総計) 



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※1 IVF基本料金に含まれるのは、治療前の診断、採卵費用、麻酔、培養費、
胚の凍結・保存費(初年度1年分)など。

※2 ICSI (顕微授精)は、採卵後まで実施されるかどうか分かりませんでした。
今までの精子検査で問題なかったのが、採卵当日に採取された精子の正常形状(?)が
6%だったので(正常値は15%以上)、急遽、ICSI で受精することになった。

※3 アシスト・ハッチングは一定の年齢以上の患者全てに施行されます。
私(39歳)にとってこれはオプショナルではなく、必要だといわれました。
もちろん、クリニックによってその方針は違います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今回のIVFとは違いますが、これまで行ったIUI (人工授精)の回数は14~15回。
この2年でお値段が上がって200ドル→250ドルに。
私たちが支払った人工受精の費用は。。。

3500ドルくらいかと思われます 


今、妊娠5週に入り、嬉しいやら不安やらです。決してお金で赤ちゃんを
買ったとは一切思っていません。ただ、覚書きとして書いておきたかったのと、
これまでにつかった費用をみて、あたらめてビックリしました。

カナダで不妊治療をされる方がこれを見たら、やめようかなーーと思われるかも
しれませんね。でも金銭的に許されるのであれば、it is totally worth the money, time
and effort です。

とても意味のある治療だったと心から思っています。
スポンサーサイト

[ 2008/05/28 01:30 ] 不妊治療の費用 | TB(0) | CM(1)
はじめまして。
今度IUIを始めようとしてます。
今はまだセロファンを始めたばかりです。(第一段階)
BCに住んでるのですがsakuraさんはどちらの州でこれだけの経費がかかってるのですか?
参考に出来ればと思ってコメントしました。
[ 2008/11/15 14:24 ] ラテ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sakura

Author:sakura
カナダで二人目不妊の治療中。
しかも高齢不妊(39歳)(^^;)
一人目は3年前に人工授精で。
二人目は人工を14回トライ。
妊娠せず。

2008年4月~5月 体外受精に挑戦!
5月中旬、妊娠確認!

カウンタ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。