FC2ブログ

6月30日(月) カナダの不妊治療事情

日本では考えられない、カナダの不妊治療の実情をお届けします。
(注意:あくまで個人の体験に基づいています。他州、他市では事情が違うかもしれません)



<不妊ドクターに診てもらえるまで最長6ヶ月待ち!>

まず、不妊ドクターは専門医とされ、不妊ドクターとアポがとれるまで数ヶ月待ち。
つまり、日本のように、好きな病院に自分で足を運んで・・・というわけにはいきません。
ファミリードクターの紹介がないと不妊ドクターに診てもらえないし、紹介後
実際に不妊ドクターに診てもらえるまでの待ち時間は3~6ヶ月です。

さらに、その後の検査(フーナーテストなど)も、「しばらく様子をみて」からでないと
やってもらえないので、不妊ドクターの初診=各種検査ではありません!!
私たちの場合、初診から最初の人工授精まで3ヶ月待ち、フーナーテストも
同じくらいの時期でした。(3ヶ月待ち)



<体外受精の治療順番待ちは、1年弱!>

まずは不妊ドクターに体外受精にステップアップしたいことを告げます。
するとそのドクターは、体外受精クリニックのドクターに紹介状を書いてくれます。
体外受精クリニックから数ヶ月のうちに連絡が入るから・・・と言われ待ちました。
3,4ヵ月後に連絡が来ました。やっときたーと安心したのもつかの間!!!

連絡内容は、体外受精の説明会があるので、必ず参加するようにとのこと。
連絡→説明会まで約1ヶ月もあり、さらに説明会では、さらに4~6ヵ月の
(治療)順番待ちがありますと告げられたんですっ。

つまり、最初の不妊ドクターにステップアップの意思を告げてから、実際に
体外受精をうけたのは、約1年後なんですよーーー。

費用も日本より高めです。費用についてはこちらを参照。


なんでこんな順番(治療)待ちの期間が長いのか?

多分、カナダは医療システムは公的機関で、日本のような私立の産婦人科など
なく、専門医へのアクセスが非常に制限されています。しかも、医療費が無料だから
(不妊治療はすべて有料ですが、病気などで医者にかかると無料です)、そのぶん
最低限の治療だけだたり、最低限の施設しかなかったりするのではと思います。

実際、我が州には、体外受精をおこなっている施設は2箇所のみで、ともに公立の
医療施設です。

でもさ、しっかり費用をとるんだから、私立の施設ができればいいなぁと思うんだけど
アメリカの医療システムのようになって欲しくないと市民や政治家は思っている
ようです。

他に何か思い出したら、同じカテゴリーに記事を書きまーす。




さて、私ごとですが、今日で10w6dです。明日で11wに突入でーす。
つわりは明らかに軽くなってます。

明日(火)はカナダの建国記念日で仕事がお休みでーーーす♪
今日は月曜日なので、当然、仕事でした (T▽T;)
 
どうせなら今日(月)が祝日だったら3連休だったのになー。




にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ   にほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ   にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ ←←← ぽちっとヨロシク(^○^)/


スポンサーサイト



[ 2008/06/30 04:37 ] カナダ不妊事情 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

sakura

Author:sakura
カナダで二人目不妊の治療中。
しかも高齢不妊(39歳)(^^;)
一人目は3年前に人工授精で。
二人目は人工を14回トライ。
妊娠せず。

2008年4月~5月 体外受精に挑戦!
5月中旬、妊娠確認!

カウンタ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード